eye

2014年12月

2014/12/04

世界の向こう

「先生! シャンハイにいたんだって?」

同じ駅ビルの上階に移動して二人で昼食をすませた春利は、武蔵野の生家へ帰るミナを改札口まで送り、地下鉄を利用しないで40分余り歩いて住まいに着いた。運動不足だからという理由と歩きながら気持ちを切り替えたいと思った。

新小4になる女の子がブザーを押したのが、午後3時前だった。4人は知り合いか友達かもしれないが、そろって一緒に現れた。

応接間に並べた長い机の両側に二人ずつかけた。勉強が始まる前に自己紹介をした。質問してきた子の顔を見て、春利は貼紙を見て訪ねてきた母親の顔を思い出した。髪が長く目が大きくて不思議な輝きを帯びていた。あの母親にとてもよく似ている。

「そう。今年の2月まで」

「長くいたんですか?」並んでかけている別の子が訊いてきた。

「2年。上海に行く前は名古屋にいたけど、生れは横浜市だよ」

「ねえ、先生子供のころ勉強好きだった?」今度は反対側のぽっちゃり顔の子が訊いてきた。

「う~ん、ふつうかな」

「わたしも」隣りの子が自分を指さした。

新小4年生。この子たちとならうまくやっていけるかもしれない、と春利は思う。4年生くらいから学校の勉強がむずかしくなるということもだが、申込書の要望欄には4人とも中学受験校が書かれている。どうして進学塾へ入れないでここへよこしたのだろうという疑問もあったが、親が望み子供もそれなりに受け入れたというのだろうか。それとも、ガリ勉の進学塾をきらったのだろうか。

いずれにせよ、春利が団地の住人ということで、信頼して月謝を払い預けてくれたのだから、その思いを裏切らないようにやって行こうと思う。

「それでは、割り算の復習から入ります」あらかじめ用意しておいたプリントを配りながら、春利はふと亡くなった来未のことを思い出した。

To Be Continued

Sponsored Links
2014/12/14

世界の向こう

4月になって最初の日曜日に春利は父の家に行った。

「父さんはネットでアルバイトしているんだ」

「少ししか稼げないけどね。わずかな年金だけでは・・。それでも、1万とか2万とかネットで稼げると助かるからね。それに、ネット上で動画とかニュースとか、海外のものも見られるから、世界のことも少しは分かるし」

「僕も、今は塾みたいなこと始めたけど、これからはネットビジネスが良いのではと思って調べているんだ」

「そうだね。私がやっているのは、資金がかからないアフィリエイトだが、パソコンを使っていろんなビジネスが出来るからね。それで、塾の方はどんなだい?」

「うん、春休み中は午前中もやっていたけど、学校も始まったから、夕方からの時間が中心で、小学4年生と中1と中2で、家では現在10名だけど、土曜だけ近場の塾で中3に数学を教えている」

「そうか、それは良いね。私も少しは経験があるけど、春利は教師に向いているかもしれないな」

「子供たちに教えることは嫌いではないよ。自分の勉強にもなるし」

「そうだね、会社で縛られるより、なんでも向いたことで生活出来れば良いと思うよ。これからのことも考えると貯えも必要だから、それをやりながら、探すと良いね。それで、あの、震災で行方不明になったという人は、その後・・」

「あれきり、発見もされないし・・。でも、彼女のことが縁で、ちょっと不思議なことに・・」

「もしかして、あの世界のことに関係が・・」

「そう。行方不明になった彼女・来未が上空に現れたり、彼らが仲介したのか、現在、早乙女さんという女性と知り合うことに・・」

「その女性は、特殊な能力があるとか?」

「父さん、どうしてそれが分かったの?」

「いや、勘で言ってみただけだよ。なんとなくそんな気がしたんだよ」

To Be Continued

Sponsored Links
2014/12/18

世界の向こう

「僕は思うんだけど、ネット上で公開されている海外のあの種の動画が、どうも、ほんとうではないかと」

「そうかもしれないね。最近は捏造とかトリックではなく、ほんとうのものがアップされているのではないかと私も思っている」

「父さんは、キリスト教の神さまを信じているの?」

「ああ。キリストがほんとうはどういう人だったか。いろいろと説があるかもしれないが、学生だった頃とは考えは変わって来たが、信仰というのは信じることだから。聖書に書かれていることの真偽は分からないが、キリストが言ったとされている言葉のあるものに真理があると思っている」

「イエス・キリストという人がどんな存在であっても?」

「と言うと?」

「たとえば、キリストはヘリオスだったと言われても?」

「そう。ヘリオスだったと、日本のリサーチャーの人が言っている動画も観たよ。だから、30歳くらいまでのイエスのことは、作文だと。3人の博士のくだりも、ミトラ教のコピーだというのだろう。それで、突然、イエスという人が登場してキリストになった。十字架にかかって人類の罪をあがなった」

「それでも、父さんは信仰している」

「そう。心の奥で。ヘリオスだったら、もともと太陽神だね。その座をミトラとかアポロンとも言われる神に譲り、再び登場したわけだ。それには、マリアが深く関与していた。別名・イシュタールだったと。日本のリサーチャーが動画で言っていたね」

「父さんは、それでも構わないの? 聖書通りでなくても」

「そうだね。どんな聖典でも、後から人の手によって理想的な方向に創作されたと思うから。そのようにして、宗教はつくられた。この齢になって、それが受け入れられるようになったね。それは、キリストが書いたのではなく、人間が書いたのだから」
「じゃあ、宗教はほんとうは一つと言っている人がいるけど、どう思う?」

「断定は出来ないけれど、そうかもしれないと思う」

「僕が言っているのは、エイリアン・ゴッドのことだよ」

「AlienGod。そう。それぞれの国によって呼び名は違うけれど、同一の存在が、世界を飛び回っていた。上空から降りてくるのを、それぞれの地の人々は目撃していた」

「UFOに乗って・・」

To Be Continued

Sponsored Links
2014/12/25

世界の向こう

「そう、今日でいう、UFOに乗って」

「父さん、不思議だね。ほんとうに、学校ではまったく習わなかったことが隠されている」

「確かに。人間には計りしれない世界。宇宙のことがある」

「僕も、人間がどうやってこの地球に誕生したかも、まだ実際には彼らに直接会っていないけど、UFOやエイリアンのことを知るようになって、進化論ではないのかもしれないって思うようになった」

「春利も、そう思うようになったか」

「私もだよ。我われのいる天の川銀河内だけでも、相当数のいわゆる宇宙人の種が存在する。地球人もその一つということだが」

「そう。人間のように脊椎を持っていて、我われ人間と姿かたちが似ている知的生命体。ヒューマノイドがいっぱいいる」

「手のひら大から上はどのくらいあるのか。世界でも、巨人の骨やミイラや122センチほどある足跡も発見されているという。中には、ホウクスもあるかもしれないが」

「父さん、旧約聖書にも巨人のことが書かれていると」

「そう。ネフィリムやゴリアテ。しかし、それは一例で、この地球上には知られていないもっと多くの事実が隠されているのではないだろうか」

「そして、それらの種は・・」

「聖書にも書かれているが、この上空からやって来た」

「エイリアン・ゴッドの仲間」

「そして、彼らと人間の間に誕生した混合種・・」

To Be Continued

Sponsored Links
2014/12/27

世界の向こう

「しかし父さん。その彼らを創ったのは誰なんだろう。自然に宇宙のどこかで誕生したのだろうか?」

「それは、むずかしい問題だね。そこでは、信じるか信じないかということで違ってくると思うが」

「父さんはどう思っているの?」

「はっきり言って分からないが、全宇宙がある意思によって動いているように思うこともある。それこそ、創造主がいて宇宙を、そして、エイリアンゴッドと言われる彼らを、そして、彼らを通じてかどうか曖昧だが、人間を創造したと」

「そこまで行くと、まったく分からなくなるけど、エイリアンは、現在・過去・未来が分かるって。それを、北欧だったか、どこかの青年の前に現れて、見せてくれたっていうのも動画で観たけど」

「父さんも、それは観たよ。何か暗くなってから現れて、スマホのようなものに、青年の現在・過去・未来の一部を映して見せたっていう」

「そう。過去も、そして、その後何年かたってみて、事故の経験というか、何かその通りになったと言っていた」

「確かに、次元を行き来できれば、そのことが分かるのかもしれない。現在・過去・未来が同じ一点にあるということで」

「それ、星のことでよく言われる」

「そうだね。何万光年も昔の光がいま現在地球に届いて、人間はそれを見ている。過去でも、未来でも、現在でもある」

「彼らが、3・4・5次元を自由に行き来できるのなら、そうしたことが出来る・・」

「彼らには見えるが、人間には、5次元の世界は見えないから、彼らには敵わないね」

「でも、父さん、リモートビューイングの能力がある人には、見えるかも・・」

「ああ、春利の話していたあの人には、見えるかもしれないな」

To Be Continued

Sponsored Links
2014/12/30

世界の向こう(武蔵野)

新横浜で春利と別れたミナは、武蔵野の生家へ帰った。5月で34歳になるから、両親から何か言われるかと思ったが、それを察しているのか、両親とも結婚のことにはふれないようにしている。

ミナ自身は、なるようにしかならないものだから、と深く考えないようにしていた。それよりも、それまでの経験から、小説の形で本にしてみたいと思うようになった。体外離脱に興味を持つようになり、人間とは違う知的生命体と出会ったことは、やはりミナの中で大きな位置を占めるようになった。震災で亡くなった来未や春海と出会ったことも不思議としか言いようがなかった。

3日後に授業が始まるから、と両親に言ってミナは玄関を後にした。新幹線の切符は取ってなかったが、平日だし自由席が開いているだろうと漠然と思い、スマホに新幹線の空席情報を確認できるアプリも入っていたが開こうともしなかった。

駅への道を歩いていたミナは、何か聞こえた気がして周囲を見回した。通勤時間を過ぎたその時間、近くを歩く人の姿はなかった。

気のせいかな、と再び前方に目をやり歩き出した。

「聞こえなかったのか。わたしだ」

今度は明瞭に意思が伝わって来た。あっ、と小声を発して上空へ目を向けた。

「気が付いたか」

「あの・・」

「そうだ」

意思は伝わって来たが、防御スクリーンをはっているのだろう。物体は見えない。

「京都に帰るんだろう。家の近くまで送って行こう」

ミナは、不思議と恐怖感はなかった。ここで乗るの?

「いや、ここではなく、武蔵野八幡宮で」

立ち止って見上げていたが、一呼吸おいてミナはうなづいた。

武蔵野八幡宮までは歩いて10分とかからないだろう。

To Be Continued

Sponsored Links