eye

2015年12月

2015/12/03

夢と別な空間

店に着くと、中央にU字型に場所を占めているカウンターの向こうへ行った。向き合って座った二人はしばらくメニューを眺めていたが、カレーセットが美味しいと春利がいうと、ミナも牛丼でなくカレーセットにするという。春利が呼び鈴を押した。カウンターにいる学生風の若者は牛丼を黙々と口へ運んでいる。

「ここは、良く来るお店なんですね」春利が押した呼び鈴を見ながらミナが言った。

「ええ、24時間営業ですから、食事の用意をする気が起きない時などは助かります」春利は、先ほどまでミナの掌の温もりを感じていた手を膝の上に置き、やって来た店員に、メニューの品を指さし、二つ、と言った。

「沢さん。火星移住のこと聞いたことがある?」

「今度は火星ですか」

「ごめんなさい。混乱している時に話が飛んで・・」

「良いですよ。この際。・・ネット動画で観たことがあります」

「その前に、私たちがいる太陽系って、不思議だと思いません?」

「思います。人工的というか、何か出来過ぎているような」

「そうね。太陽系の惑星は、北極側から見て左回りに公転し、左回りに自転しているけど、金星だけ右回りに自転している。月は地球を1周する間に1回自転していて、地球から見るといつも同じ側しか見えないとか、天王星と冥王星は、常に同じ面を太陽に向けて自転しているとか」その時、二十歳位の先ほどとは別の男子店員がカレーセットのトレイを両手に持ってやって来てテーブルに置いた。大丈夫かな、とミナが目線で追っていたが、いただきましょうの合図をジェスチャアした。

トレイにはペーパーナプキンの上にスプーンだけが置かれていた。春利は箸の入ったケースの蓋を開け、みなに視線を送った。カレーセットにはサラダとみそ汁が付いている。

「早乙女さん、それで、火星のこととは?」春利はスプーンを口に運ぶ手をいったん休め、水を口にして言った。

「ええ。マーズワン計画のこと聞いたことある?」ミナが味噌汁をひとくち口にしてから言った。

「オランダの民間非営利団体が、火星に人類初の永住地を作るというあれですね」

「ええ。それで、どんな方法で行くかは?」

To Be Continued

Sponsored Links
2015/12/11

夢と別な空間

「ロケットではないですか?」

「ええ。ふつう、そう思う人がほとんどだと思うけど。ほかには?」

「にわかには信じられないけれど、すでに、火星には大勢の人が移住している、ということをネット動画で観たことはあるけど」

「ああ、それじゃあ、沢さんもそのことを知っていたのね」

「僕は、もしかしたらそうかもしれないっていう感じだけど」

「私は、もう少し確信的っていうか」

「早乙女さんには、火星に移住している地球人が見える・・」

「ええ」

「ということは、あの時空装置で瞬間移動」

「複数の証言があると思うけど、沢さんが観た動画は、誰のものだった?」

「あの、大統領のひ孫娘という人のものだけど、あれを観て、どれくらいの人が信じられたか」

「確かに、疑問視しながらも、不思議な気持ちになった人は多いと思うけど、すべて嘘だというには語り口や表情がシリアスだとは思わない?」

「そうですね。あの国の極秘軍事施設から、15分から20分で着いてしまうなんて」春利は、家族連れでやって来た客が隣りのテーブルに着くのを見て、火星という単語を省き声を潜めて言った。

「ほんとうに、一般には公表されていない大変な秘密が隠されているのかもしれない」

「ええ。それらのテクノロジーは、みな・・」ドアが開き、また複数の客がやって来て、カウンターでない席を目で追っている。

「早乙女さん。僕の家にいきませんか? いえ、それを食べてからでいいですよ」やってきた客に目を向けたミナも頷き、急いでスプーンを口に運んだ。

To Be Continued

Sponsored Links
2015/12/15

夢と別な空間

「ここから5分位ですから」店を出た春利は先ほど通って来た歩道を見て言った。歯科医院、内科クリニックの前を通り、二人は並んで歩く。

「この辺だと地下鉄駅からも近くて良いわね」二人は飲食店に着く前に駅の上を通って来た。

「早乙女さん、帰りは地下鉄で横浜へ出て乗り換えると良いですね」ミナは小さく首をこっくりした。

「ここです」平行して続いている車道から右折して入って行った車の行く先に集合住宅の棟が並んでいる。来るとき通り越して行ったが、春利はミナに伝えなかった。

舗装されたなだらかな坂道を少し歩くと、春利の棟の前に出た。

階段を上がり、ドアを開けると春利はすぐにクーラーを点けに行った。9月に入ったが、しばらく歩くと汗ばむ陽気だった。

「早乙女さんどうぞ。誰もいませんから」ドアを閉めて玄関に立っているミナに春利の声が届いた。

「明日から授業だけど、過去に習ったことだから。ハプニングに遭遇したけど、早乙女さんと会って話せたから大丈夫です。授業は午後からだから」

「ほんとうに、突然の体験だったわね」ソファに掛けたミナは、エアコンの方を見て言った。

「沢さん、自炊と外食ではどちらが多いの?」

「生徒の学校が休みで午前中や昼間授業があるときは、夕食だけ外食することが多いですね」

「生徒さんが学校の日は?」

「授業が終わってから夕食に出かけることもあるけど、朝昼晩と自炊することが多いかな。シャンハイのときは朝だけ公偶でパンが多く、昼食は勤務先の近くのお店や営業先で、勤務が終わって帰りに夕食を食べて帰ることが多かったけど」

「私は、夕食は外食と自炊が半々かな。沢さん、先ほどの話はやめた方がいいかしら。私は、どちらでも良いけれど」

「僕も気にはなっていたことだから。火星にはすでに大勢移住しているんだとしたら、表向きのロケットで行ったのではない、ということですね」

「ええ」

To Be Continued

Sponsored Links
2015/12/26

夢と別な空間

「あのジャンプルームの話はほんとうだった・・」

「沢さんも、ネットで観たことがあるということだから」ミナは、テーブルの上のパソコンを見て言った。

「あのジャンプルームだけが・・」

「そう。あの時空装置のほかに、みんながいうUFOとか、彼らの力を借りて行く、いくつかの方法があるかもしれないわ」

「アメリカだけですか?」

「ロシアや、他の国にもあるかもしれないわ。ただ、秘密裏に行われていて、一般人には情報が伝わってこないから」

「それって、ミナさんの透視では見えないですか?」

「本気でやったことはないけど」

「しかし、火星には実際どれくらいの地球人が行っているのか知りたいですね」

「私も、あの動画で観て、10万人というと多いけど、装置が完成して数十年もたっているとすると、そうかもしれないと思うわ」

「表向きでは、多額の費用をかけてロケットを打ち上げ、失敗することもあったし、信じられないという人が多くても当然ですね」

「そうね。それは、彼らETの力を借りなければ、出来なかったことで、ETの存在をホークスだと思っている人には、時空装置もホークスということになるから」

「確かに。彼らとぼくら一般人の間の差があまりにも大きくて、信じられないことが多いから、ぜんぶ嘘だってことにもなってしまうから」

「そうね。ロズウェルのETが乗ったUFO墜落関連のことを、ETの写真を見せながら亡くなる直前に伝えていった元情報将校さんは、隠蔽側の当事者だったわけだけど、その任を解かれてから、若者たちにほんとうのことを伝えたいと言って現実を語ってくれた。それは、携帯からチップ、IC回路、光ファイバー、反重力ステレス戦闘機、暗視カメラ、コントロール装置などなど、実に多くの最先端技術の元は、みなETのテクノロジーから学んだということを今日の若者たちに伝えたい、と・・」

「ほんとうに、UFO DISCLOSURE PROJECT、もそうだけど、実に多くの状況証拠や証言が世界中にあるわけだけど、実際に自ら体験しないと信じられないし、体験しても、言ったら頭がおかしいと思われるので言わない人もいるし、見ても、頭に知識がないとそれと認識できないこともあるから」

「ええ。沢さんの今回の体験だって、信じられない人が多いと思うから」

To Be Continued

Sponsored Links
2015/12/31

夢と別な空間

「確かに。ありのままを言ったら、今の日本では、一部の人を除いて、とても信じられないと思うから、頭がおかしい、妄想ということになってしまう」

「私たちは、不思議な時代というか、科学が発達して、地球上で起こったことを、これまではふれてはいけない世界としてきたことを、科学的な目で見るようになり、宗教的な領域をそうした観点からとらえるようになったのね」

「それは、神々の霊的世界とか奇跡とかの世界に踏み込んで、人間のテクノロジーを超えた彼ら、ETのテクノロジーの世界がしている現実がある、ということですね」

「ええ。人間には目に見えない世界があって、彼らは、そこと私たちの世界を行き来しているけれど、私たちには見えない世界だから信じられない」

「抽象的な議論をすることは出来るけれど、リアリティーがないわけですね。だから、空想ということになってしまう」

「そうね。でも、この空間と別な空間を行き来できる存在にしてみれば、それがふつうのことで、人間の方が、狭い世界の中だけで物事の基準を決めているのね」

「あの、理論物理学者のリサ・ランドールが言っている、別な空間はすぐ側にあって、実にうまく隠されているということが、今や我われ一般人の前に課題となって立ちはだかっている」

「でも、彼らETのテクノロジーでは、日常的に移動できるってことが、一般人には信じがたいことだから、そんなの嘘だってことだと」

「あの、日本のクリーンエネルギーの研究者がふれていた、宇宙には時間の概念がないとあるETに言われたということ。それって、地球人のおもてだったロケットで考えていたら行き詰ってしまうけど、時空装置というか、別な空間を行き来していれば、時間の概念は吹っ飛んでしまうというか・・」

「ええ。人間が便宜的に使っている地球時間は、あくまでも、地球上でのカウントということかもしれないわね」

「それが、一般人の感覚では、実感が伴わない絵空事にも思えることでもある」

「ほんとうに。それほどにETと人との間には差がある」

To Be Continued

Sponsored Links