eye

2016年08月

2016/08/01

古(いにしえ)と結ぶ

八ヶ岳

「父さん、いま大丈夫?」

「朝から急にどうした。塾の方は問題なく行っているのか?」

「大丈夫だよ。正月休みも終わり、もう学校も始まってるから、塾の授業は午後からだから。一つ訊きたいことがあって」

「どんな?」

「父さんの生れた家、諏訪の伯父さんの家には、畑に巨石がある?」

「うん。大きなのがあったな。どうして?」

春利は上海から帰国して運よく父と再会し、生家が諏訪だと聞いた。だが、春利が5歳の時両親は離婚して、その後母と生活していたから、これまで父の生家へは一度も行ったことがなかった。

「この前、父さんと井戸尻遺跡のある駅から歩いて、あの不思議な家でばったり出会ったけど、あそこから近いの?」

「こちらから電車で行くと、もう一駅向こうの、富士見っていう駅で降りて、普通に歩くと20分くらいかな」

「その巨石、畑のどちらかと言ったら道に近い所に・・」

「春利、どうしてそれが。実は、私の子供の頃は、確かに道に近い方にあったが、その後、甥が結婚してそこに家を建てた時に、ブルトーザーで、移動したみたいだな。子供の頃、麦畑だったけど、その後、ソバ畑になって」

「じゃあ、伯父さんの子供、僕のいとこが結婚してその畑に家を建てて住んでいる」

「そうだね。タダキって言ったかな。子供もいるよ」

「そうなんだ。僕のいとこが。それで、父さん、なぜ僕にそれが分かったと思う?」

「行ったことがないのに分かったということは、誰かが教えてくれた」

「さすが。でも不思議なことに巨石はなぜか父さんが子供の頃あった場所なんだね」

To Be Continued

Sponsored Links
2016/08/04

古(いにしえ)と結ぶ

o.jpg

「何、私が上京する前の位置と同じ辺りにあの大石があるって教えられたって?」

「それは、父さんに訊いたから分かったわけだけど」

「で、それは一体だれから」

「それがまた、あの不思議な家を教えてきた同じ人で」

「どこだったか、北欧の大学へ留学した」

「そう。フィンランドへ留学したカナさん。早乙女さんの教え子の」

「じゃあ、帰国したか、あるいは」

「その、あるいは、の方」

「あの家のときと同じ女性が今回も夢に現れて」

「そうなのか。そのカナさんも、超能力のようなものがあるのかな。それで、どうする?」

「うん。父さんに連絡してもらい、都合の良い日に一度見に行ってきたいんだけど」

「分かったが、あの巨石に何か特別な意味があるの?」

「それは、カナさんから伝えられたことが、ほんとうなら、大昔と現在を結ぶ隠された秘密が解き明かされるかもしれない。でも、違っていたら、ただの夢ということになるから、今は、父さんに言わないでおいた方がよさそう」

「お楽しみ、ということだね」

「それで、伯父さんには、何か考古学的なことを調べていて、巨石に関心を持っている、位なことで伝えてもらえたらと思う」

「わかった。直観だが、それって、神と呼ばれるETに関係しているんではないか」

「そう。僕に伝えてきたその夢がほんとうだったらだけど」

「うん。私も子供の頃、どうしてあの畑にだけあんなに大きな石があるんだろうと思ったが、それ以上は考えが及ばなかったね。大学で比較宗教学の授業を受け、卒業後、諏訪地方には巨石巨木信仰が大昔からあった、ということを知り、そういえば、小学生の頃、あの大石に、花とか、養蚕をやっていたためかもしれないけれど、米粉で作った、おまいだま、と呼ばれる小さな球体のものをお供えしたことがあったような気がする」

「それはおもしろいね。大石に、繭玉がたくさんとれるように祈願したってこと?」

「そうかもしれない。その後、養蚕も減って大石に何かを持っていくこともなくなった」

「なるほどね」

To Be Continued

Sponsored Links
2016/08/11

古(いにしえ)と結ぶ

FF.jpg

日曜日の小5算数と中2数学の補習を終えた春利は、すぐ横浜駅近のデパートに土産を買いに行った。
父からの連絡で、翌日の成人の日だと、伯父の家は皆休みで家にいるという。

父がいうには、兼業農家だった伯父は疾うに定年退職して、夫婦で体を壊さない程度に農業をしているという。農学部を出た長男は地元の農協に就職し、結婚して巨石のある畑に家を建てたとき巨石を移動したという。現在巨石の周りは草が生えている状態らしい。

富士見駅であずさを降りた春利はスマホを手に歩き始めた。駅に着いたら電話もらえば、いとこのタダキが車で迎えに出るということだったが、携帯に出たタダキに、歩いて行かれる距離だし道も憶えておきたいからと、10時回った頃には着くと思うのでよろしく、と歩きながら言った。

スマホの位置情報でも、そこに違いないという建物の近くまで行った時、道の右手の家の戸が開き40位の男が現れた。

「やあ、はるとしさん?」

「そうです。タダキさんですか。お休みのところを、すみません」相手は大丈夫だというように頭を大きく縦に振った。

「親父とおふくろは向こうの家に」と、道の左手の大きな家を指さした。

「初めてだから」と、サンダル履きのタダキはそちらへ手で案内した。右手に坪庭の門があると父から聞いた光景を目の当たりにして、春利は従兄・タダキの後についていった。柿の古木の周辺には土を含んだ根雪が所どころに広がっている。

「おお、荘太の息子の・・」入口の戸を開けて従兄が声をかけると、三和土(たたき)の向こうからすぐ声がかえってきた。

「春利です。初めまして」春利は土産の一つを手に頭を下げた。

「ほんとうに、初めてだね。もういくつになった?」

「2月で32です」

「おおそうか。うちのタダキが38だから」

「なんでも、あの大石の裏を見たいって? だいぶ掘らないと簡単には無理だろうが」

「すみません。お休みの日に余計なことを言って」

「いや、もう会社は辞めて家で休みやすみ百姓をやってるが、冬のシーズンは仕事もないから」
あがりはなに顔を出した伯父の連れ合いが、上がってもらうように、と言うのが聞こえる。

「いえ、良かったらこちらで大石と呼んでいるそれを先ず見せてもらえればと思って」

「タダキ、時間の都合もあるだろうから、あの大石のところへ」

To Be Continued

Sponsored Links
2016/08/13

古(いにしえ)と結ぶ

bs.jpg

歩きながらタダキに土産を渡した春利は、以前畑だったという所に建っている家の屋根に目がいった。空は曇っていたが、屋根のところどころに雪が残っている。

「横浜だと雪は残っていないけど、さすが富士見は」

「親父がいうには、むかしは信州はもっと雪が降って積もっていたというけど、地球温暖化の影響があるのかなあ、分からんけど」

「いらっしゃい。はじめまして」石垣がつづき、脇道を少し行った所に入口が見え、先ほどタダキが出てきたガラス戸の前に妻と幼い女の子が手をつないで迎えてくれた。

「大石は、家の向こうに」春利はタダキの後から家の右手に回りこんでいった。

「これは、ほんとうに大きいですね」
春利の脳裏に、「あなたのおとうさんの生家の畑に巨石があって、その大石の裏にあなたに伝えようとしている印がある」とカナが言った言葉がよみがえってきた。

「俺なんかは、子供の頃からこの畑にいやに大きな石があるなくらいで過ごして来たけど、ここに家を建てるときに動かすのに大変だったけど、大石があることは、荘太さんから聞いて知ったの?」

「それが、違うんです。夢の知らせ、と言ったら良いのかな。父には後から話して」

「夢で知らされた?」

「ええ」

「それは、不思議というかロマンチックというか」後ろでタダキの妻の声がした。

「この辺りの家には、こんな巨石があるのはウチくらいかな」

「どうしてここにあるのか調べたことはありますか?」

「畑を掘ったら出てきたのか、どこかから運んできたのか。高校生の頃、ちょっとこの辺りの土器について調べたことがあったが、この巨石のことは分からないままだね。ところで、この大石に何かがあると・・」

「あるかどうか。夢で聞いたことがほんとうなら」春利はところどころに暗緑色の苔が生えている大石のまわりをスマホを手に巡った。子供の頃は側に柿の木があって上にのぼったこともあったが、何かの印とかはなかった、というタダキの声がする。

「これ、裏側を見せてもらうことは無理ですよね?」春利はためらいつつ言った。

「スコップはあるけど、ブルトーザーなんかないし。どうやって?」

「スコップがあれば。巨石の脇に穴を掘ってのぞくか、それで駄目なら転がすことが出来れば」

「分かった。大変だがやってみるか。この際、親父の家からもう一本スコップとそれにツルハシを借りてきてみなでやってみよう」

「ありがとう。何もなかったら御免」

To Be Continued

Sponsored Links
2016/08/17

古(いにしえ)と結ぶ

yatsu.jpg

タダキが親子3人で両親の住む母屋の納屋に向かった後、半長靴と軍手を借りた春利は巨石の側の土にスコップを立てた。足を掛け力を入れた。草がはびこっていることもだが、地面から数センチ行った所は石のように固かったが、春利は場所を替えいくども挑戦した。

「雪は少ないが、下は凍っているんじゃないか」後ろで伯父の声がした。伯父夫婦とタダキの家族も一緒に戻って来た。

「よし、俺がツルハシで先ずやってみる」タダキが適当な所へツルハシを振り下ろしていった。膝が痛そうな伯父にやらせるわけにはいかないと、春利がタダキと交替した。次にスコップに持ち替え二人で交互に土をすくい上げた。伯父もジョレンで土を移動させた。

「この辺でちょっと確認させてもらっても良いですか?」1時間余り掘りつづけた時、春利は巨石についている真っ黒い土を小さなスコップで落としながら巨石の下に何か書かれていないか調べた。

「これ、大石をその穴へ転がしたら下側が見えるんじゃないか」それを願っていた春利が大きくうなずいた。一人では到底できないことだった。

「これは、向こうから全員で押しても無理だな」

「伯父さん、てこの原理」

「そうだな。適当な丸太を2、3本探してくる」

「申し訳ないです」

「ここまで来たらやるしかないだろう」タダキもそう言った父親の後について母屋の方に向かった。

春利は巨石の下の霜柱の混じる土を可能な限り取りのけようとスコップを手に作業を続けた。

「この大石、八ヶ岳から噴出した安山岩か何かでしょうか?」タダキの妻がそう言って取って来た汗拭きタオルの一つを春利に渡した。

「すみません。僕にもまったく分からないけど、噴火で飛んできたのか、運んできたものなのか」

「運んできた。・・昔からあったっていうけど、いつぐらいからあったのかしら?」

「ここに先祖が住みついたある時期に、運ばれてきた。あくまでも僕の空想ですが」母親の側で聞いていた来年小学校に入学するというつぶらな瞳の女の子が空を見上げた。

To Be Continued

Sponsored Links
2016/08/19

古(いにしえ)と結ぶ

ufo.jpg

大石の側に角材を一本並べて置き、上から3本の丸太を間隔を置いて大石の下に挿し込んだ。

「いいか、一緒に下ろすんだぞ」伯父の言葉にいっせいに丸太に手をかけた。

春利とタダキは一本ずつで、もう一本に伯父夫婦とタダキの妻が手をかける。

「せえの、よいしょ!」大石はびくともしない。

「まだ合っていない。角材をもう少し奥へ入れてやってみよう」

「伯父さん、もう少し大石の下をやってみる」春利は大石の反対側へ行くとツルハシで大石の下を掘りつづけた。タダキがスコップで土をすくう。

「よし。それくらい奥まで掘ればやれそうだ」

「せえの、よいしょー!」

「あっ、少し動いた」女の子が大穴の方を指さして言った。

巨石が掘った大穴へごろんと転がったのは3度目の掛け声の後だった。シーボルトミミズが体をよじらせて逃げていく。

春利は巨石に付いた湿った黒土を小さなスコップで落とし、軍手の指で残った土を丁寧に落としていった。

「あっ!」春利が胸の鼓動を感じたのと同時に、声を上げた女の子の指先がそこへ向かっていた。黒土が取り除かれた大石の表面に30センチくらいの渦巻き模様が現れた。

春利はバッグからデジカメを取り出し、角度を変えて何度もシャッターを押した。

「それ、何か意味がある?」タダキが春利に言った。

「即答は出来ないけど、後からメールで」春利はそれだけ言った。

側へ行った女の子が指先で渦巻き模様をなぞっている。

To Be Continued

Sponsored Links
2016/08/21

古(いにしえ)と結ぶ

jv.jpg

巨石に描かれた印をデジカメに収めることが出来た春利は、伯父の家族に礼を言いその夜疲れて帰宅した。

「何か描かれていたようだね」風呂から上がってしばらくすると父・荘太から電話が入った。気になって生家に電話してみたという。

「大変だったけど、皆で応援してくれたので、あの巨石を転がして下の隠れていた所を見ることが出来た」

「じゃあ、夢はほんとうだった」

「うん。そういうことになるかな」

「それで、それはどんな意味が・・」

「伯父さんの家では、調べてみる、としか言わなかったけど、帰りの電車で思い出したことがあって」

「どんなこと?」

「あの、渦巻のような模様。日本のリサーチャーの一人がふれていたこと。父さんも目にしたことがあるかもしれない縄文土偶の」

「何? 縄文土偶と関係が・・」

「うん。父さんの生家からそう遠くない茅野市で見つかった縄文のビーナスのヘルメットの部分にある渦巻き模様」

「茅野市湖東の遺跡で発掘された土偶、縄文のビーナスの頭にあるのと同じものなのか?」

「後で父さんにも添付メールで送っておくけど、あの渦巻き模様、あれ、確か海外で発掘された物にも同様のものが描かれていたと」

「それは大変なことだな。茅野と富士見では、彼らの空飛ぶ乗り物だったら一瞬で行かれる。巨石だって、彼らの反重力を使えば八ヶ岳からでも他からでも簡単に持っていかれる」

「あの渦巻き模様が、仮にイナンナの印として、父さんの先祖は、巨石信仰をしていたのかな」

「それは、分からないが、私の母親、春利の祖母はマリア様を信じていたから」

「やはり、そこへいくんだろうか。イナンナは縄文のビーナスで別名、マリア・・」

「私にも分からないことばかりだが、フィンランド留学中のカナさんがあの巨石の印のことを春利に教え、カナさんはあのミナさんの教え子だったよね?」

「そう」

To Be Continued

Sponsored Links
2016/08/25

古(いにしえ)と結ぶ

kamen.jpg

「春利、しかし、あれはそのまま信じない方が良いかもしれない。というか、結論は保留にしておいた方が良い」
翌朝、春利の添付ファイル画像を見たという返信が父・荘太から届いた。

春利はパソコンで、縄文のビーナスの写真を確認した。

工業団地の造成に伴う工事で1995年6月に縄文時代の遺跡から発掘されたもので、全長は27センチ、重量は2.14キログラム。・・

土偶の頭部にある円形の渦巻きの印が見られる画像を探し拡大した。渦巻きは右に30度ほど回転していたが、印は巨石の裏にあるものと同じだった。縄文時代の、あるいは人間ではない彼らが使っている文字かもしれないが、何を意味するかは分からない。

それにしても、模様の形は同じものだから、縄文のビーナスに関係のある者が刻印したのではないとしても、模様が何を意味するかを知っていた者がいたに違いないと春利は思う。現代では世界中に模造品が出回っているが、巨石が置かれた頃も何らかのそうしたことがなかったとは言えない。結果としてそうなったということもあり得る。

僕の先祖が畑をつくっていたときに、偶然あの巨石が土中から出てきたことだって考えられる。午後の授業用のプリントを作成しながら、春利の脳裏に次つぎと考えが浮かんだり消えたりする。

父が言うように、仮にあの巨石を反重力で八ヶ岳界隈から運んできたとしても、イナンナに結びつけるのは保留にしておこう。

あの空飛ぶ乗り物で縄文時代の八ヶ岳山麓へ僕を連れて行ったのは、縄文のビーナスと言われる土偶と同じ存在なのか。八ヶ岳山麓から酷似した顔の部分だけの土偶が数多く出ているが、あれはみな、宇宙服というかヘルメットというか被り物をかぶった姿で、素顔を見た人は当時から今日まで、この国にはいなかったのか。

昼食をすませた春利は、世界中で発掘されている、イナンナとかイシュタールと呼ばれているテラコッタとかフィギュア、それにリサーチャーがこれも三角パンティーを穿いている同時代の発掘物だからと言っている画像をパソコン上に並べていった。

そこには、両眼が人間のように同一面上にあるものと、トカゲやヘビのように側面にあるもの、口が人に似ているものとトカゲやヘビのように奥まで続く深いもの、両肩が角ばり、両腕を下げたときに脇に空間ができているもの、足の指が3本のものなど、さまざまだった。

人間に似た顔のものは、何らかの仮面をかぶり、人に似せていたのだろうか。

ブザーが鳴り、春利は時計に目をやった。

To Be Continued

Sponsored Links
2016/08/30

太陽系外惑星

nibiru.jpg

3月も半ばになり、春利は4月に新小6になる塾生の親との面談に追われる日々が続いていた。中3の塾生は公立高校受験が主で、全員希望校に合格できたことでほっとしたが、私立中学受験はそういうわけにはいかないことが分かっていた。

それで、いわゆる受験専門塾へいくことを勧めた。5年生の補習クラスは問題なかったが、私立中学受験を希望する生徒には受験専門塾へ行くよう勧めた。1年前、それでも見てほしいと言われた父兄には、5年の新学期が始まる前に、定期的に外へ模擬試験を受けに行くことを条件に受け入れてきたが、仕上げの6年となればそういうわけにいかない。受験の合否がその後の本人の人生に大きな影響を及ぼすことになる。

「お久しぶり。休みになっていたけど、いつものように試験の採点とかいろいろあって連絡できなくてごめんなさい」
ミナから電話が入ったのはそうしたある日だった。

「ほんとうに、新横浜公園以来ですね。あの時は上空からの声だけでしたが、どうなったのかなって、来未の姉の梨花さんと話していたんです。じゃあ、大学の授業には間に合ったというか」

「ええ。大丈夫でした。また会ってくわしいことを話したいと思っているけど、沢さんは、塾の方は忙しい時期かしら?」

「中学生の高校受験は終わりほっとしているんだけど、新小6になる私立中受験の親御さんとの面談に追われてます。他の受験専門塾へ行くように勧めてるんです」

「そうね。私立中の受験て特殊だから。じゃあ、時間的に、無理かな?」

「大丈夫。ちょっと時間をください。予定を見て、今度は僕からメールしますから」

春利がミナにメールしたのは、小中が春休みになる2日前だった。入塾生の受付と春期講習の準備で多忙だったが、ミナがどこへ行っていたのか、また巨石の渦巻き模様についても会って直接訊いてみたかった。

To Be Continued

Sponsored Links