eye

2012/01/02

フロリダ

桑田は午後1時を回ったとき家を出た。

猛暑を長く引きずり、10月になっても熱いくらいの日があったせいか晴れていたが急に寒くなったように感じた。毎年温暖化が話題に上るが、そうはいっても、12月も半ばだからな、と歩調を速めた。小田急線の駅まで15分はかかる。

町田で乗り換え新横浜で下車した。地下鉄も乗り入れ新幹線の利用客も多いのだろう、反対側の北口へ通じる通路をしばらく行くとどっと人の数が増えた。巨大な駅ビルが建ち、広くきれいな床を行き交う人の群れに身を置くと、海外のどこかの都市に紛れ込んだような錯覚を覚える。

大きなガラスの扉を出て階段を上がり、陸橋を歩き、エレベーターには乗らないでふたたび階段を下りた。車道の両側には商店が並んでいて人の出入りも多い。平行して続く広い歩道を歩いて信号を渡ると、野球場の向こうに円形の日産スタジアムが浮かび上がって見えた。

新横浜公園を抜け、桑田は以前、横浜国際総合競技場と呼ばれていたころにこのあたりを歩いたことを思い出した。アルバイトで、スタジアム内にある大きな会議室の一つで県の雇用促進対策の司会を5日ほど担当したことがあった。失業者が対象で、メインの話は社会保険労務士だったから、桑田ともう一人のバイトは、部屋の準備や受付、それに最初と最後の司会だった。

鳥山川を挟み右手には横浜労災病院と病院の建物群が並んでいる。それにしても、しばらく来なかった間にずいぶんビルが増えた気がする。ウォーキングやジョギング、それに自転車で通り過ぎる人も多かったが、中には桑田をじっと見る高齢者がいた。

桑田は、スタジアムへと続くきれいに舗装された広い歩道を歩いていた。眼下に川を見下ろし、ふと顔を上げると、赤と青のユニフォーム姿の少年たちが左手の広場でサッカーをしているのに気づいた。

機敏にボールを操りながら走り回る少年たちの様子がよく見えるあたりまで行った時、桑田は手すりに両手をかけ、目まぐるしくボールをパスしている赤と青の少年たちを追った。

が、桑田の目はそちらへ向いていたが、思いはいつしか春利のことへ及んでいた。


To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント