eye

2015/03/02

世界の向こう -ミナの誕生日-

5月に入り、その日の朝、春利はミナからメールを受け取った。9時前にメールが来るなんてどうしたんだろう、と思ったが、5月始めの連休で大学が休みであることを知った。

そこで、春利は初めてミナの誕生日を知らされ、ミナが5月3日で34歳になったことを知った。ミナが春に生まれたことは聞いていたが、あえて誕生日を確認することはしなかった。年上だとは感じていたが、いくつ上かは訊かなかった。春利は2月で31歳になった。春利より約3歳年上であることが分かったわけだが、一人っ子の春利は、ピンとくるものがなかった。

ミナのことを思う時、とても冷静で尊敬できる女性だということ、リモートビューイングの能力が備わっているひと、という漠然としたイメージの他に、来未やエイリアンとの不思議なつながりがあり、簡単には切り離せない縁のようなものを感じた。

春利はその日、午後1時半から4時半まで塾生の補講を予定していた。費用は取らないで学校が休みだから希望者があれば補講する、と訊いてみたところ、中2の3名と小4の4人が受けたいと言った。中2は英数で、小4は算数だけをすることになった。小4の子たちは親の希望か本人が希望しているのかは曖昧だったが、中学受験を考えているようだ。

補講の準備があったので、春利がミナにメールしたのは補講が終わって30分ほどしたときだった。誕生日祝いを贈るにしてもタイミングが悪いし、春利もミナから誕生日祝いをもらってはいなかった。二人ともそうした行為から離れているというか、別のところへ思いが行っていた。

春利は冒頭で、おめでとうを言い、ミナの教え子のことにふれた。渋江カナが囚われているという想念。アメリカの連邦機関が以前そうしたことを発表して間もなく取り下げたという真偽不明の記事を誰かのブログで読んだことを思い出した。

もう一つの惑星が太陽を間にして点対象の位置にあることが分かった、というような記事。それがもう一つの地球。地球がもう一つあれば、月もあるのだろうか。よく言われる別次元のことだったら、一般人には見えないから、それはそれで良いようにも思われるが、この同じ次元でもう一つの地球が存在するとしたら、もう一人の自分も存在する可能性もあるのだろうか。

メールをし終えた春利は、家を出て地下鉄駅に向かった。

To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント