eye

2016/03/31

夢のしらせ

「早乙女さんは、僕と梨花さんがこうして話していることをすでに知っているのではないかと思います」

「それは、どういうことですか?」

「僕が連絡したとかではないですよ。あの人はリモートビューイングというか、そう、見えるといった方がいいでしょうか」

「それは、特殊な能力があるという意味ですか?」

「人間的にはそういうことになるでしょうか」

「と言いますと?」

「ええ。いわゆる彼らETの存在は、人よりずっとそうしたパワーを持っている知的生命体ということですね」

「それでしたら分かる気がします」春利はふと気になり上空に眼をやったが、梨花もすぐさま反応して視線を上に向けた。

「沢さんには、何か見えますか?」

「いえ、見えないけれど、見られているような気がするんです」

「それは、早乙女さんのこと? それとも・・」

「断定は出来ませんが、何かが見ているというか」

「沢さんにも、そうした能力があるのかもしれませんね」

「いえ、人には本来そなわっているのかもしれませんよ」

「沢さんには、来未が見えますか?」

「シャンハイにいたとき、いくどか来未がやって来たのでは、と思えることがありました」

「それで、早乙女さんにはいつ会えますか?」

「後でメールしてみます。早乙女さんは京都の大学で講師をしていますが、年末年始には東京の生家へ来ると思うので、都合を聞いてみます」

To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント