eye

2016/06/03

返信も応答も (マリアとミナが上空に)

n2 (1)

「あの橋を渡って・・」
春利は二人が歩いている広い芝生の外れを指さした。園内から丸い池につながっている溝のような川に小さな橋が掛かっているが、側のベンチにはふさふさヘアのゴールデン・レトリバーを連れた中年の女性が休んでいる。

「ほんとうだ。向こうにはずいぶん細長い池があるわね」

「ここからは見えないけれど、あの長池の土手の向こうに鶴見川が流れていて、この広い公園は多目的遊水地になっているんだね」

「向こうにはずいぶん大きな橋があるから」梨花は右手の空間に浮かび上がって見える橋を眼で追った。行き着く先には巨大なスタジアムがそびえている。

橋を渡り、二人は芝生と長池の間にある舗装された幅の広い周回路に出た。芝生側には等間隔でベンチが並んでいる。

「この辺り?」梨花が小声で言う。春利は無言で先を指さす。

春利は先を歩き、以前座って見上げたベンチの側まで行って梨花を見た。背もたれのないベンチに二人は並んで座った。どちらともなく上空に眼がいった。ところどころに雲があり、その位置からはもはや太陽は見えなかった。

「少し暗くなったわね」芝生の方を向いて座っている二人の後ろをトレーニング姿の男子が5、6人走って行った。

「早乙女さんは、ほんとうにどうしたんだろうね」

「やっぱり、あの惑星に行ったのかしら?」

「僕には超能力とかはないから、ほんとうのことは・・」梨花は足元の芝生に視線を落とし、春利は、芝生の立木の辺りからその向こうの金網で囲まれているサッカー場の方を眺めていた。

と、二人は同時に上空を見上げた。いつの間にか、上空に大きな雲の固まりが横たわっていた。

「いま、何か聞こえなかった?」

「ええ、私にも聞こえたわ」

「あれは、早乙女さんの声」

「私の名前も言ったわ」

「沢さんと梨花さん・・」

To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント