eye

2016/07/30

隠されている世界

jomon.jpg

「思い出したんだけど、今回公園の上空ににミナさんを連れてきたのは、マリア様ではないかもしれない」

「というと?」

「僕の経験からマリア様のことばかり考えていたけど、ミナさんから彼らと地球人の橋渡しを依頼されたのは、プアビさんという金髪の地球人に似た方だったと聞いたことがあったから」

「プアビさん。その方とマリア様とはどういう関係?」

「ミナさんがそれを巨大な宇宙船の中でプアビさんに直接たずねたところ、その時は詳しいことは話せないけど、マリア様のことは良く知っていると」

「じゃあ、別の種の方という可能性もあるわね」

「正直なところ、僕はマリア様だと言われれば信じるしかないけど、マリア様のほんとうの姿は分からないから」

「それは私にも分からないことだわ。だって、どの種にも出会ったことはないし、神様がETだったと言われても」

「そうだね。アフリカのドゴン族の人や縄文時代の人とかインドやペルーの人とか、世界中で彼らの種とかに直接会った人の方が、素顔の彼らを知っているじゃないかな」

「縄文時代の土偶にも、仮面の女神とか縄文の女神、蛙と呼ばれるものや、同一の存在だとしたら、一致しない部分もあるから、素顔の姿が分からないわね」

「確かに。人の前に現れる時は変装していたのか。それにしても、世界各地で発掘されているイシュタールとかイナンナとか、呼び名は違っていても、共通のコンセプトというか、そういった部分があることは確かだと思う」

「歩行補助装置とか、今日でいうパワースーツを着ていたとか、宇宙服のようなヘルメットを身に付けていたとか」

「梨花さんもその辺まで見ているんだね」

「ええ、わたし、あのハイレグパンティーを穿いている姿を見て、紀元前数千年も前にって考えると、やっぱり普通の人間とは違う、高度な文明を持った種だと思わざるを得ないわ」

「それは、僕も同感だね」

To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント