eye

2016/09/27

太陽系外惑星

scout.jpg


「ミナさんの体験に比べたら何の意味もないことかもしれないけれど、やっぱり訊いておこう」

「それは、カナさんと関係があること?」

「ええ。やっぱりミナさんは、知っていたんですね」

「いえ。今の、沢さんの言葉で」

「フィンランドの大学に留学したミナさんが、その後どうなったかは分からないけど、今回で2度目になる」

「沢さんにメッセージを送ってきたわけね」

「ええ。夢か現実か分からないような感じですが、父の郷里の巨石のことです」

「カナさんも不思議な世界にいるみたいね。フィンランドの大学で夏の準備期間を終えて、秋学期の9月からから留学生として大学生になって、フィンランドで年を越して、春学期が始まって、夏休みまでまだ2か月近くあると思うけど」

「そんな中で僕に巨石に記されているマークについて知らせてきた。それも、単なる僕の夢だったら笑えるけど」

「巨石に記された渦巻き模様ね」

「ミナさん。あれは?」

「残念だけど、浮かんで来ないわ」

「ということは、あの巨石に記されたマークは、誰かが勝手につけたもの?」

「それは、分からないけれど、だいぶ古いもののようだわ。八ヶ岳から噴出した巨石だと思うけど、沢さんのお父様の先祖が住みついてから運んで来られたものね。巨石信仰かな」

「で、どうやって?」

「それは、沢さんが想像する通り」

「ということは、反重力」

「ええ。彼らの空飛ぶ乗り物が使われた」
春利は、眼をつむり意識を集中しているミナを恐るおそる見つめた。

To Be Continued


Sponsored Links

コメント

非公開コメント