eye

2017/01/31

ミナの行方

春利が次のメッセージを読んだのは、翌日の中学生の授業が終わって間もなくのことだった。妙な予感というか急かされる思いが込み上げてきた。

スマホのラインにはやはりミナからメッセージが入っていた。

「突然プアビさんから案内があり、これから賀茂川の岸辺に向かうけど、スマホは置いていきます」

いつ発信されたか気になり、日付と時間を確認した。

きのうの夕方5時過ぎ・・。春利は前回のメッセージの日付を見た。3日前だった。そう言えば、スマホの電源は入れたが、ラインはチェックしなかった。

春利は、ミナがプアビから、彼らと地球人の架け橋になって欲しい、というメッセージをもらったと以前言っていたことを思い出した。賀茂川の岸辺で空飛ぶ乗り物に出くわしたことは、ミナから数年前に聞いたが、あのとき現れたのは小さなヒューマノイドで、プアビが関係している種ではないと思う。

プアビと言ったら、以前春利が遭遇したマリアさまと関係があると、ミナから聞いた話で思い当たった。

それにしても、現在、空飛ぶ乗り物で宇宙空間を移動しているに違いない。春利は、ふーっと大きく息を吐き出した。前回ミナが、プアビというETに出遭った時は、確か葉巻型の巨大な乗り物だったと言っていたが、何という星の上空へ行ったのかは、ミナにも分からないし、教えてもくれなかったのだろう。

春利は中学生の授業が終わったら夕食の買い出しに行こうと思っていたが、その前にやってみようと思った。

ソファに掛け直し、静かに目をつぶり合掌した。数回ゆっくりと深呼吸した。やがて浮かんできたのは、乗り物の室内だった。そこにいるのは、ミナに違いないと思った。人間とは違うヒューマノイドが2人いるのが分かったが、女性という感じではなかった。

「ミナさん。僕です。春利です。分かりますか?」2人の操縦士の横にいるのはミナに違いなかったが、何の応えも返ってこなかった。春利はもう一度試みたが、やはり反応がなかった。

春利は目を開き、再び大きく息を吐き出した。ミナと接していつの間にか始めた習慣だったが、まだ力不足だと思った。

春利は、エコバッグを手に表へ出た。

ミナからの連絡を待とう。近くのスーパーまでは、歩いて5分余りだった。

To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント