eye

2017/03/20

テレパシー ( 世界が変わる時)

「そう、地球の小学校で、そして金星で君と会った、同級生のタニカワリョウジだよ」

「どうして、そんなことが?今度は谷川良治の声で話している」
春利は呟きながら上空を見上げた。部分的に覆われている雲の間に周囲が青く光る何かがあった。

「沢君、僕はふだん金星の地下にいることが多いけど、火星で伯父に会うことになり、その帰りに、君に声をかけてみようと思ったんだ」

「それで、ここからは雲で見えないけど、乗り物の中から僕に話しかけているんだね」

「そう。君のいる所はいま夜に向かってるから暗いけど、その公園にはまだほかの人もいるから、そこへ降りていくことは出来ない。だから、雲の上から、君と話しているんだ」

「でも、君には僕の思うことも伝わるし、その上空から話すことも出来る。僕には信じられない。君はもしかして・・」

「いや、僕は地球人だよ。ただ、地球よりずっと進んだテクノロジーを学んだし、不思議なことが出来る乗り物に乗っているから」

「だから、君がそんなマシンに乗り、ETのようなテクノロジーを使えることが、僕には信じられないんだ。きのう、僕にメッセージを送ってきた声も早乙女ミナさんの声だったし」

「そんなのは、周波数を合わせれば簡単にできることだから」

「そうなのか。それで、いま君が乗っているマシンは、君が操縦しているの?」

「いや、僕のほかにもいる」

「ETが?」

「今は詳しくは言えないけれど、心も持っている・・」

「地球人が言うロボット?」

「そうも言えるけど、人間が思うのとは違うよ。地球人のように細胞も心もあるんだから」

「君のすぐ隣にいるんだね?」

「そう。笑っているよ」

「あ、そう。よろしく伝えてね。最後に、そこから消える前に、ちょっとだけマシンを見せてくれるかい?」

「OK!」

To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント