FC2ブログ
eye

2017/09/27

地下都市

「じゃあ、ほんとうだったのね」

春利は、いったん箸を置き、水を飲み込みながら入力を続ける。

「梨花さんも、とうとうそうした世界が見えるようになってきたのかも」

「沢さんは、来未が地震で亡くなってからって言ってたわね」

「そう。しかし、縄文時代の人とかは、今の僕らよりずっとそうした世界が見えたのかもしれない」

「私には分からないけれど。それで、沢さんは、あの丸い乗り物でどこへ行ってきたの?」

「梨花さんが見た夢の中では、どこに見えた?」

「うーん。あれは別の星っていう感じではなかった。最初、日本の山のような所に沢さんがいたから」

「そこまで見えていたんだ。それで?」

「次の場面では沢さんが乗り物の中にいて、ほかにもう一人誰かいたけど、ちょっと様子が違ってた」

「じゃあ、あの乗り物の室内が見えた?」

「私の夢の中では、真ん中に何か円柱形ののような柱があって、周りに椅子のようなものが並んでいたわ」

「それで、僕が行った所は・・」

「日本の都会とは全然違う、場所。私も初めてみた建物というか建造物」

「うーん。その通り。あれは、地底に住んでいる・・」

「地底人」

「そういう呼び名が合っているかどうかは分からないけど」

「わたし、本で読んだことはあるけど、実在するのね・・」

「僕も信じられないけど」

「沢さんは、夢ではなかった」

「そういうことに。帰りはトンネルのような所を通って地上に戻ったようだけど」

「行きは違ったのね」

「訊く余裕はなかったけど、別な空間かもしれない」

「別な空間への入口がどこかにあるってこと?」

「梨花さん、すごい」

To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント