FC2ブログ
eye

2017/11/30

A dream or reality

「えっ・・」

春利はソファに背中をつけた状態で窓の方に眼をやった。
夢から覚めたが、頭の中で言われたのは現実だったのか曖昧だった。

「いま何か言った?」

「外からだ」
頭の中に何者かの意思が伝わって来た。テレパシー・・。

「窓を開けて上を見れば分かる」
立ち上がり、窓を開けサンダルを履いてバルコニーに出た。
雲間に星が見えたが、乗り物らしきものは見えなかった。

「建物の真上にいる」
春利は恐るおそる手すりに手をかけ庇の上を見た。

弧を描くような銀色のものが見えた。

と、春利の体は光の輪のようなものの中を上昇していった。

気づいた時、春利は直径3メートルほどの輪の中にいた。

「ぼ、僕はどうなるの?」
窓際に座っている不思議な姿をした生き物を見て言った。
口を開けて声を出したのではなく、恐れおののきながらそう思った。

「先ほど行ったように、キミをいままで行ったことがない星へ連れて行ってあげよう」

「僕が行ったことがない星へ・・」

「そう。キミが地球人以外の者とあちこち行っていることを知っている。
キミならそれほど怖がることもないだろう」

春利は眼の前に立っている不思議な生き物と向き合っていた。

背丈は春利より低く、吊り上った両眼が光っていた。それが宇宙服なのか、
体全体が濃い緑色で、カメレオンを連想した。

「そ、それでどこの星へ行くんですか?」
春利は、中央の円柱形の柱をちらっと見て言った。

「星の名を言ってもキミは知らない。キミを殺したりしないから大丈夫」
口の部分はまったく動かなかったが、相手の意思はしっかりと伝わって来た。

怖くて聞けなかったが、やっぱり宇宙服を着ているのではないかと春利は思った。

To Be Continued
Sponsored Links

コメント

非公開コメント