FC2ブログ
eye

2017/12/26

A dream or reality

「われわれは、人間を乗せたのは初めてだ」

「じゃあ、人間のことは分からない」

「そうだが、地球にはたびたび来ている」

「何をしに?」

「宇宙にはさまざまな星があるが、われわれに似た
生き物が住んでいる星に出合うのはそう多くはない」

「キミたちの太陽のまわりには、そうした星が多いのにおどろいた」
今度は別の生き物からだった。

「というと?」
春利は不安でいっぱいだったが、相手の意思が伝わってくると、
次の不安が持ち上がった。

「太陽のまわりの星には、それぞれ生き物が出入りしている」

「あなたたちは、太陽のまわりの星のことを良く知っているんだね」

「なかでも、キミたちの星はきれいで、さまざまな生き物がいっぱい
出入りしている」

「もしかして、あなたたちの星に、僕のような人間がいる?」

「来たことがあるようだが、その後、どうなったか分からない」

「それは、どういうこと?」

「しばらく生きていたようだが、環境がちがうから」

「この乗り物の中では、僕はふつうに呼吸できているけど、あなたたちの星には?」

「人間が呼吸できる空気はあるが、ほかのものが人間には合っていないようなのだ」

「じゃあ、僕は、どうなるの?」

「われわれの星に着いたら、キミの体をまもる異星人用のスーツを着てもらう」

「じゃあ、僕はもう地球に帰ることは出来ない・・」

「しばらく、われわれの星に住んでもらい、キミが地球に帰りたいのなら、連れて行ってあげよう」

「ぼ、僕は、すぐにでも地球に帰りたい」

「それは、できない。キミには、われわれのことやわれわれの星のことを知ってもらいたいのだ」

「ど、どうして僕だけが・・」
春利は窓の向こうを見たが、そこにはこれまで見たことがない闇があるだけだった。

To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント