FC2ブログ
eye

2018/08/12

近未来

「どれくらい先かは分からないけど、5年も10年も先のことだとは思えないわ」

「それは、今回のような・・」荘太がミナの顔をうかがいながら言った。

「断言は出来ないけれど、そのときは一人ではないと思うわ」

「ということは、僕のほかにも」

「ええ。私やお父さまや・・」

「えっ、わたしも・・」

「ミナさんや父さんも。そのほかにも?」

「はい。私に見えているのは・・。でも、外れたり途中で見えなくなることもあるから」

「じゃあ、僕の塾の方は?」

「それで、そのときのために、春利さん、塾をつづけるためには、準備をしておいた方が」

「ミナさんに良い案があれば教えてもらいたい。先を見越して」

「ええ。実は、来未さんのお姉さんが、数学教師の資格を取ったんです」

「えっ? 梨花さんが」

「はい。実はその後連絡取りあっていて、梨花さん、通信で以前からやっていたらしいんです」

「そうだったのか。まったく言わなかったけど」

「ええ。それで、そうなった場合、梨花さんにお願いしたらどうかと」

「それじゃあ、梨花さんは、そうなったときのメンバーには含まれない、ということ?」

「ええ。梨花さんは見えていないわ。それで、春利さんの後輩や都合つきそうな人に声をかけておいたらどうかと」

「そういうことだったのか。じゃあ、春利、そうならなければ問題ないが、なったときのために」

「分かった。生徒たちには本当のことは言えないからどうしよう。二度目だし」

「ミナさん、それって、春利は塾の仕事があると言って断るってことは出来ない?」

「彼らは、この先、人間が生き延びるために必要なことであれば、それを決行すると思うわ」

「それが、なぜ我々なんだろうか?」荘太がそう言ってミナの目を見た。

「彼らにはそれなりの理由があると思うわ、言わないけど。それに、世界中で行われているから」

「僕らだけではなく、世界中で」

「ええ。国内でも。公表されることはないけれど」

To Be Continued

Sponsored Links