FC2ブログ
eye

2019/03/24

アマツクニ

「はい」

「卑弥呼って実在したんですかね?」

「私はそう思ってますが、決定的な証拠と言われると・・」

「研究者の方ですか?」

「いえ。調べている、くらいかな」

「そうですか。しかし、わざわざ東京から一人で来るわけですから・・。数日前にも、卑弥呼の墓のあるところへ行きたいというお客さんが来ましたが」

「はい。私もそうです」ミナは前方に見えるのは矢野神山ではないかと思いつつ応える。

「これまで、墓は近畿とか九州とかも言われて来たようですが、ヤクラヒメジンジャの古文書には、天照大神の葬儀の詳細が記されているそうですね」

「そうらしいですね」

タクシーを降りたミナは、動画で見た風景を思い出す。

今回は何かが起こるかな、と思いつつ200あるという急勾配の石段を上って行った。雨風にさらされてきた石灯籠が石段の両側に点々と並んでいる。樹木も時間の経過を感じさせるものが多い。

上がり切り、息を切らせながらしばらく行くと、正面に古めかしい拝殿が現れた。両側に一般に狛犬と呼ばれる石像が二体配置されている。

ミナは案内板の方に向かった。御祭神が大日孁女命(おおひるめのみこと)で別名が天照大神、御神格が正一位と記されている。
御祭神は八倉比売命とも言われ、卑弥呼は天照大神であるとしている。

ミナは裏手に回って行った。このあたりは数多くの円墳があり、八倉比売神社も古墳の上に建てられていて、前方後円墳の前部分に社殿が、そして後ろにあたる円墳部分は奥の院となっているという。

ミナは今度は木が横に敷かれたいくぶん狭い階段を上り、五角形の石積みの祭壇へ向かった。

To Be Continued

Sponsored Links