FC2ブログ
eye

2019/04/24

アマツクニ

「ただ、宇宙に存在する彼らの中のある種が、人間と平和的にかかわっていきたいと思っている」

「ミナさんには、それが人間が何と呼んでいる種族か見当がついている・・」

「いえ、沢さん、私にも分からないわ。それに、彼ら同士の関係も人が思っているのとは、違うかもしれない」

「ミナさん、それはどういうことですか?」今度は梨花が質問した。

「もしかするとだけれど、彼ら種族の間でも牽制しあっていたり、途中から手を引いたりしているのかもしれない」

「ということは、ミナさん、僕らを宇宙に連れて行こうとしていた種も手を引いたとか?」

「そのことについても、可能性があるかもしれない。でも、ほんとうのところは分からない」

「それってミナさん、これまでミナさんにコンタクトしてきていた種より、もっと高度な知的生命体の種がやってきているとか」

「可能性はあると思うわ。現在でも、たまたま宇宙航行していた別の種が地球に立ち寄り、特定の地球人とコンタクトを取った。その地球人がある希望を伝え、相手の知的生命体ががそれを聞き入れたとか」

「その地球人は、一般人ではなくて特定の国の代表だったとか、彼らの遺伝子を受け継いでいたとか」と梨花。

「ミナさん、ますます分からなくなってきましたね。しかし、これまで、僕やミナさんに関与してきた神とかETと思われる存在には、共通の種が関与してきていたように思われるけど」

「そうね。でも、実際には宇宙においてさらにその上の存在にコントロールされていたかもしれないし」

「地球の人種間でもそうだから、宇宙では・・」

「梨花さん、確かに。僕が遭遇した存在でも、4本指の知的生き物もいたし、僕らと同じ5本指の存在もいたけど、姿形は我々と極端に違ってはいなかった。しかし、宇宙においてどの種が知的に高度で上位の存在であるかは分からない」

「そうね。人間には見えない存在も考えられるし」

「ほんとうに、限りなく広がっていくわ」梨花がそう言って宙を見つめた。

To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント