eye

2012/09/01

上海へ

翌朝春利は6時前に目覚めた。春利は来未と会って話そうと電話を切ったが、その後のメールの流れから会わない方が自然に思われた。

食パンにチーズを載せて焼き、牛乳と生野菜にドレッシングをかけて朝食をすました。上海に行ってから中国語を始めるのでは遅いという思いが頭をもたげていた。焦りを感じた。

とりあえず、中国全土で通じると聞く北京語をすぐ始めようと思った。会話が出来ないと現地の中国人相手に仕事ができない。

名古屋駅の周辺にはたくさん書店があることは知っていたが、中国語の学習専用となるとどこかなとパソコンで検索してみた。率直な感想を書いているレビューにであい、そこにしようと思った。

大きな書店の開店は午前10時で充分時間があった。ネット上で中国語をアップしているところを調べてみた。

中国語とローマ字表記のある会話サイトが見つかった。矢印ボタンをクリックすると音声が流れた。分かりやすかった。

上向いた気持ちでアパートを出ると、春利は地下鉄駅へ向かった。

ジェイアール名古屋タカシマヤは、名古屋で下車して1分もかからない。タイミングよく開店したところだった。
目当ての書店は11階だった。

種類も豊富だったが、ラジオ講座のテキストと実用中国語の基礎編を購入した。上海の会社の講師がテキストも案内してくれるだろうからと2冊だけにしておいた。CDも付いていたので気持ちがはずんだ。


To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント