eye

2013/03/03

3月11日 上海

「ハイ、イシバシデス。タダイマルスニシテイマス。ゴヨウノカタワピーットイウオトノアトニメッセージヲオネガイシマス」

来未の声だった。

春利は、来未の賃貸マンションの留守電に、メッセージを残した。

再びメールをチェックしたが返事は入っていなかった。心臓のドキドキを覚えながら、春利は今度は来未の携帯へ電話してみることにした。

008190・・番号を確認しながら押して行った。

「電源が入っていないか電波の届かないところに居ります」

受話器を置いた春利は、来未の同僚の沙希のことを思いだした。しかし、彼女のメアドも電番も知らなかった。

アドレス帳には課長と後輩の佐野の連絡先があった。春利は営業で同行したことがあり気心も知れた佐野にメールしてみようと思った。

直接来未のことを訊けなくても、東北地方の営業所の様子や日本での地震の現状や社員の状況もある程度分かるのではないかと思った。

春利がパソコンの方から佐野にメールを打ち終えた時、そばの固定電話のコール音が室内に響き渡った。

置時計は夜の10時を回っていた。


To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント