eye

2011/11/23

レッドストライプ

来未からの返信がすぐ入った。クーポンを持っている店があるからと、昼食を提案してきた。あおなみ線のささしまライブ駅からすぐの所だという。入社して6年たったので、名古屋駅周辺の様子もだいぶ分かっていたが、春利には初めて聞く店だった。


春利は携帯を手にした。来未は事務職だったが、同期での入社だったことが出会いのきっかけだった。最初から何となくフィーリングあったというか、気兼ねしないでものが言えた。東京の短大卒だが、出身は福島県の会津若松だと聞いた。


携帯は2度コールで来未が出た。
来未はそこに一ヶ月ほど前に女友達と行ったので、20%オフのクーポンがあるという。ささしまライブ駅から徒歩3分、名古屋駅からだと歩いて10分ほどかかるという。今から出て昼飯を一緒にするのには、少し早過ぎるかなと時間を確認していると、

「祭日でお店が混むかもしれないから、早めにいった方が良いかも」と来未が言う。

「それじゃあ、僕はこれから出て、名古屋駅から少しおなか減るように歩いていくから、ささしまライブ駅で待ち合わせでどう」と訊くと、それでOKだと来未が応えた。

会社の同期や同僚と食事に行く機会はそれまでにもけっこうあった。来未が一緒のことも5、6回はあったように思うが、二人きりで行ったのは2回だった。

入社した頃は、仕事を覚えることもそれなりに多かったし、ガス抜きもあって、タイミングが合えば、昼食に連れ立って近くの食道へ行くこともときどきあった。

名古屋駅で降りた春利は、ささしまライブ駅の方に向かって歩き出した。一駅だからと思って歩き出したが、4年ほど前に来た頃とは様子が違っていた。横浜から名古屋に来て翌年愛知万博があった。それで名古屋周辺はだいぶ変わったように思う。万博のときは、街のあちこちでソフトクリームを売っていた。

記憶も薄らいでいたが、高架の下をくぐり線路沿いに歩いていった。
長い猛暑がようやく終わったかと思うともう11月も下旬なんだと、クリスマスの飾りつけが始まっているビルを見上げた。


To Be Continued

Sponsored Links

コメント

非公開コメント